万華鏡写輪眼の種類と開眼者一覧

コラム

大筒木インドラ

 

忍の祖である六道仙人大筒木ハゴロモ)の息子(長男)であるインドラは恐らく写輪眼万華鏡写輪眼の一番初めの開眼者である。

うちは一族の祖先であり、うちはの始まりの人物。

マダラ、サスケインドラ転生者となっている。

 

能力

・完成体-須佐能呼(かんせいたい-すさのお)

・太刀(不明)

天照(あまてらす)

 

 

うちはマダラ

初の永遠の万華鏡写輪眼の開眼者でうちは一族の名を忍世界に轟かせたうちは始まって以来の最強の忍

忍世界の頂点とまで言われた千住柱間と対等にやり合う事が出来たのはマダラだけだった。

そして、木の葉の里の創設者の一人でありながら木の葉への復讐者となる。

 

能力

・永遠の万華鏡写輪眼(えいえんのまんげきょうしゃりんがん)

・完成体-須佐能呼(かんせいたい-すさのお)

・威装-須佐能乎(いそう-すさのお)

・須佐能呼-二刀の舞(すさのお-にとうのまい)

・太刀(不明)

八坂ノ勾玉(やさかのまがたま)

転写封印(てんしゃふういん)

 

うちはイズナ

マダラの実の弟で見た目はサスケに似ているようなさわやかな印象がある。

兄、マダラと戦乱の時代を切磋琢磨してきた。

幾度となく争い続けた千住一族との戦闘で二代目火影・千住扉間から受けた傷(飛雷神斬り)がもとで重症化し、この世を去った。

この出来事がマダラの復讐心が増した原因と千住一族と腹の中を見せ合うことができなくなった原因だった。

 

能力

不明

火遁・豪火球の術は使用しているが後は描かれていない。

扉間との戦闘で幻術をかけようとしたが不発に終わっている。

 

うちはフガク

イタチ、サスケの父で木の葉の警務部隊の隊長であり、自里へのクーデター首謀者。

さぞかし強かったであろう忍だったが実力を見せずして、我が子に手をかけられることとなった。

 

能力

不明

作中で見せた術は火遁・豪火球の術と瞳術はイタチに見せた幻術ぐらいで万華鏡の能力は描かれていない。

 

うちはオビト・はたけカカシ

本来はオビトの眼なのでオビトだけ紹介しようと思ったんですが、カカシがこの万華鏡の所有者であったことは事実ですし、作中で写輪眼を扱う場面も数多く見られたので一緒に紹介しておきます。

 

なんたって二人は親友ですし、カカシの異名が【コピー忍者カカシ】【写輪眼のカカシ】ですからね。

オビトは亡くなったとされていたが、まさかのクライマックス、本作のラスボスだったとは…

仮面の男として活動していましたが、ネット上では【誰なんだ?】と賑わいましたね。

 

能力

・【カカシ】完成体-須佐能呼(かんせいたい-すさのお)

・【カカシ】太刀(不明)

・【カカシ】神威手裏剣(かむいしゅりけん)

・【カカシ】神威雷切(かむいらいきり)

・【オビト】限定月読(げんていつくよみ)

神威(かむい)

 

 

うちはシスイ

異名を瞬身のシスイとしてその名を轟かせ、他里からも恐れられた実力者

イタチが兄のように慕っていた親友であり、フガク率いるクーデターを阻止し、里を守ろうとしていた正義感の強い忍

しかし、ダンゾウから片眼を奪われ重傷を負いもう自身が長くない事を悟り、イタチにもう片方の眼を託し身投げした。

 

能力

・須佐能呼(すさのお)

別天神(ことあまつかみ)

うちはイタチ

マダラ以来の天才忍者で弟にサスケ、父にフガクを持ち木の葉とうちは一族の二重スパイとして生涯を得た。

何より弟思いで、一族より里を守り、里より弟を守った。

サスケ本人には偽りの残酷な兄を演じ続けてきたが本当は心底、愛情深い兄さんだった。

 

能力

・須佐能呼(すさのお)

十拳剣(とつかのつるぎ)

八坂ノ勾玉(やさかのまがたま)

八咫鏡(やたのかがみ)

・月読(つくよみ)

転写封印(てんしゃふういん)

天照(あまてらす)

 

 

うちはサスケ

マダラと同じく永遠の万華鏡写輪眼の持ち主でインドラの転生者、イタチの弟であり術のレベルはイタチより低くとも応用力はズバ抜けている。

主人公ナルトと同じ第七班の出身で永遠のライバルだったがナルトとの決戦で新たな悟りを開き、今は親友として木の葉の任務に就いている。

サクラと結婚し、サラダの父でもある。

 

能力

・永遠の万華鏡写輪眼(えいえんのまんげきょうしゃりんがん)

・完成体-須佐能呼(かんせいたい-すさのお)

・威装-須佐能乎(いそう-すさのお)

・仙術須佐能乎(せんじゅつすさのお)

八坂ノ勾玉(やさかのまがたま)

・インドラの矢(いんどらのや)

・太刀(不明)

天照(あまてらす)

・炎遁-加具土命(えんとん-かぐつち)

・炎遁-須佐能呼加具土命(えんとん-すさのおかぐつち)

・炎遁-螺旋手裏剣(えんとん-らせんしゅりけん)
(ナルトとの合わせ技)

・炎遁-炎雷(えんとん-ほのいかづち)

・加具土命の剣(かぐつちのつるぎ)

 

うちはシン

オリジナル(右上)は元々は大蛇丸の実験体で体中に無数の写輪眼が埋め込んであり、全て万華鏡になっている。

それとクローン(左下)も万華鏡を持っていて何体もいるが分身ではなく、個々が1人の生命体として存在している。

ミニシン?(右下)に関してはよくわかりませんw

ダンゾウ写輪眼が無数に埋め込まれた右腕は実はシンの右腕だった。

シンは柱間細胞を取り込んでいるのだが、普通は細胞を身体が拒絶し受け入れないのだがシンの身体は全く拒絶反応を見せなかったため、実験としては成功していたのだろう。

あと、うちはの名を名乗っているがうちは一族の者ではない。

 

能力

不明

マーキングした物体を自在に操る術や、時空間忍術を使っているが、万華鏡の術かはわからない。

 

歴代のうちは一族

うちはナカ

うちはバル

うちはナオリ

うちはライ

過去にイザナギの乱用が絶えない時代があったうちは一族の黒歴史イザナギイザナミ禁術になった経緯をカブトとの戦闘中にイタチサスケへ説明する際に描かれた人物。

イザナギイザナミは万華鏡ではなくとも扱えるのだが何故、万華鏡の開眼者が4人も描かれたかはよくわからない。

作中で万華鏡写輪眼の開眼者で女性が描かれているのは唯一ナオリだけ。

今後はサラダが開眼する可能性は十分あると思います。

 

能力

不明

作中で使用されたのは禁術のイザナギ、イザナミだけで万華鏡写輪眼の能力は描かれていない。

万華鏡写輪眼については下記で詳しく書いているので興味があればついでにどうぞ。

最強瞳術【万華鏡写輪眼

 

最後にアンケート

まず初めに最後までご愛読いただきありがとうございます

大変嬉しく思っております。

それと関連記事にも出てくるとは思いますが、下の記事にナルト・ボルトに出てくる全ての眼の種類を載せているので興味のある方は良かったら合わせて読んでみてください⇩

ナルトやボルトに出てくる目(瞳術)全種類一覧表

 

私の興味本位でどうしても人気NO,1万華鏡を知りたくてアンケートを実施いたします。

どうかご協力お願いします。

 

人気ナンバーワンの万華鏡写輪眼を決めよう!

あなたが好きな万華鏡写輪眼を1つだけ選んでください!?

View Results

Loading ... Loading ...

 

コメント