うちはフガク

うちは一族

人物像

妻にミコト、長男にうちはイタチ、次男にうちはサスケを持つ父でありながら木の葉警務部隊の隊長を任される程の実力者。

強面で口数は少なく不器用な父親だが、イタチの事を【自慢の息子だ】と語っている様子から子供思いの優しい一面もあることがわかる。

万華鏡写輪眼の開眼者

木の葉の警務部隊の隊長であるとともにイタチ、サスケ同様万華鏡写輪眼を開眼している。

フガクの万華鏡写輪眼第三次忍界大戦のときに開眼している。

しかし、フガクは誰にも告げずに長い間隠してきた。

 

その実力は未知数だが恐らく、うちは一族であり万華鏡写輪眼の開眼者であるとともに警務部隊(うちは一族)を束ねていて何より天才イタチとエリートサスケの父であることから相当な忍であったことは間違いないだろう。

作中ではフガクの戦闘シーンはないので確認できている術は火遁・豪火球の術万華鏡写輪眼しかない。

 

うちはフガクの瞳術が一体どういうものだったのか気になってしょうがない。

もしかしたらイタチ、サスケと同じ天照をつかえたのかもしれない。

 

木の葉への反逆者(クーデター)

実はフガクは木の葉クーデターの首謀者である。

うちは一族は二代目火影・千住扉間のときに、警務部隊という表向きは里の治安を守る重要な役目として与えられたが、本来の目的はうちはマダラが里を襲撃した時のトラウマがあり、またそのような者が出ては困ると思い里の外れに追いやったのだ。

 

少し疑問に思うのが、木の葉へ強い反逆心を抱き地道に計画を企てていた者が最期には木の葉側へ付いたイタチに対し納得して、一切の反撃をせずイタチの手にかけられることとなったのは何故だったのか?

 

もしかすると警務部隊長である前に、木の葉へのクーデター首謀者である以前に一人の父親として、またミコトは母親として我が子に対する愛情が勝った瞬間だったのかもしれない。

真相は謎に包まれたまま。

 

使用術

 

火遁

豪火球の術

血継限界/瞳術

万華鏡写輪眼

不明
うちは一族ではないカカシがオビトの万華鏡写輪眼を使い須佐之男を扱えたのでうちは一族であったフガクは扱えたに違いないと思う。

第四次忍界大戦のときにカブトがフガクを穢土転生していれば戦闘シーンが見られ能力も分かっていたであろうと思ってあわい期待をしていたが、結局最後まで作中で見られることはなかった。

今後のボルトに期待してます。

コメント