ペイン六道(ペインりくどう)

人物像

死者を操ることで成り立っているが穢土転生とは違いその者の感情が無く全員輪廻眼になるのが特徴である。

輪廻眼を持つ長門が使う最大瞳力ペイン六道には言葉通り【天道】【修羅道】【地獄道】【畜生道】【人間道】【餓鬼道】と六つの道が存在し、個々に能力が異なる。

簡単に言うと長門輪廻眼の瞳力を使い死者を操っていて感情や言動や行動までも操っている。

視界や意思が六人全員が共有しているため広範囲で相手を把握でき攻守ともに優れている。

天道

ペイン六道のリーダー的存在で一番自由度が高くこの個体を中心に動いている。

神羅天征(しんらてんせい)

万象天引(ばんしょうてんいん)

地爆天星(ちばくてんせい)

真・地爆天星(しん・ちばくてんせい)

他の5体を操るのを止めこの1体にチャクラを集中させることで上記のような本体と変わらぬ大きな力を扱うことが出来る。

 

修羅道

身体は人造人間のような傀儡といった感じの姿をしており、様々な武器が仕込まれている。

今までの作中で出てきたカンクロウが扱う傀儡とは違って近代的なミサイルやビームなどが仕込まれている。

 

地獄道

掴んだ対象者に対して閻魔のような化け物の姿(幻術的なもの)が背後に現れるのが見え、尋問を行い嘘をつけば魂を抜き取られてしまう。

畜生道

口寄せの術を使い犬、カニ、トリなどを呼び寄せる。

また他のペインたちを口寄せでき、まるで波風ミナト時空間忍術である飛雷神の術のような感じになる。

だがこれはペイン六道の個体のみが対象と思われる。

そして、自来也との戦闘でやられてしまったので木の葉襲撃の際には女性の個体へと変わっている。

 

人間道

木の葉襲撃の際、綱手の側近であるシズネを捕まえ記憶を読み取り解読後は即死したというよくわからない能力を見せた。

何か魂のようなものが幽体離脱する感じに見え地獄道と似ているようで違う謎の力。

 

餓鬼道

相手の忍術やチャクラを吸収する能力で全ての術が利かないがナルト仙術チャクラを吸収してしまった際にはカエル化していた。

だが、体術だけは別のようで普通に効果がある。

コメント