綱手(つなで)

歴代火影

人物像

外見はナイスバディのキレイなおばちゃんといったところだが、実はかなりの忍で相当怪力なうえに【伝説の三忍】の一人でもある。

中身は気が強くギャンブル好きの飲んだくれというTheオジサン感が凄い。

がしかし、木の葉の里の長である火影を務める凄腕の忍であり、祖父が初代火影・千住柱間とこれまた凄い血縁関係。

伝説の三忍

三代目火影・猿飛ヒルゼンが三人の忍【自来也】【綱手】【大蛇丸】に忍術を教え師弟関係を持ち、後に伝説の三忍と呼ばれ忍世界に名を轟かせることとなった。

 

その後、三人は個々に弟子を持つこととなる。

自来也→うずまきナルト

綱手→春野サクラ

大蛇丸→うちはサスケ

大蛇丸とサスケの関係性に関しては微妙なとこだが、力を求め側近にいた事は間違いないし確実に力を付けた。

 

雨隠れの里での出会い

自来也、綱手、大蛇丸がまだスリーマンセルを組み任務を行っていた若き時代に雨隠れにて戦争孤児だった【弥彦】【長門】【木南】の三人に出会っていて忍になるための忍術の修行をした。

性格に言えばこの三人が三忍の最初の弟子でナルト、サクラ、サスケ兄弟子にあたるのだ。

三人=三忍…ややこしくてすみません。w

 

ペイン六道との命をかけた戦い

ペインとは長門が輪廻眼の力を使い作り上げた者たちであり皆、死後に長門の能力によって操られている。

そのうちの一人が【半蔵】との戦闘で亡くなった弥彦だった。

というか弥彦の死と引き換えに誕生したのがペイン六道なのだ。

 

ペイン六道は【天道】【修羅道】【地獄道】【畜生道】【人間道】【餓鬼道】の言葉通り6通りあるので六体存在し個々に能力が違う。

そんな最強を誇るペインが組織【】の計画のためナルト尾獣チャクラ(九尾)を奪うためと自来也がかつての師であったことと気まぐれで木の葉崩しを仕掛けてきたのだが輪廻眼のち力【神羅天征】により里は一瞬にして跡形もなく吹き飛んだのだった。

 

火影である綱手は本来ペインと戦わなければならなかったが歳をとっていることもあり足元にも及ばず皆を回復させるのがやっとだった。

そんな中、修行から帰ってきたナルトがペイント戦うこととなり見事勝利する。

この戦いがきっかけでナルトは皆から里の英雄と呼ばれるようになった。

 

第四次忍界大戦にて命の危機

この物語のメイン章の最後でもある忍界大戦だが、戦場で忍人生の中で間違いなく最大の敵といってよいであろう忍、うちはマダラ穢土転生にて姿を現し、マダラVS五影という壮絶な戦いとなった。

その戦いによって綱手は上半身と下半身が分かれるほどの重傷を負い、何とかカツユに生命だけはつないでもらっているところまでいったのだ。

 

使用術

医療忍術怪力を得意としており、医療忍術に関して右に出る者はいないほどのエキスパートである。

医療忍術

・掌仙術(しょうせんじゅつ)

・忍法・創造再生(にんぽう・そうぞうさいせい)

・百豪の術(びゃくごうのじゅつ)

・乱身衝(らんしんしょう)

 

封印術

・陰封印(いんふういん)

・陰封印・解(いんふういん・かい)

 

体術

・桜花衝(おうかしょう)

・痛天脚(つうてんきゃく)

コメント