ダルイ

歴代雷影

人物像

元々は四代目雷影・エーの側近でエーからは右腕と言われ八尾の人柱力ビー同党に信頼されていた雲隠れの里の優秀な上忍の一人。

口癖は【だるい】とそのままといった感じ。

※ダルイの声優竹内良太さん

 

本来、ダルイの左肩にある【】の刺青は雲隠れの得意忍術である雷遁を自由自在に操る雷影クラスのズバ抜けた優秀な忍しか許されていないマークなのである。

これは三代目・エーダルイを雷遁使いのプロフェッショナルとして認めた証であり、直々に【】の刺青を入れることを許可したのだ。

 

実は三代目・エーの息子である四代目・エーですらこの刺青は許可が下りなかったぐらい凄い事なのだ。

四代目・エー雲隠れの里の長であるが、雷遁使いというより完全にスピード重視の忍な事はとりあえず突っ込まないでおこう。

というかそうなると火影の綱手火遁を使用しないので同じようなもんですよね。

五影会談でうちはサスケと接触

志村ダンゾウへ兄・うちはイタチの真実を確かめるため接触しようと五影会談の場へ侵入したうちはサスケ率いる組織【鷹】だったが、すぐみんなにバレてしまう。

そんな中、エービーサスケにやられたと思っているのでそりゃもうブチキレモードで壁をわざわざ破壊してサスケのもとへ向かい、すぐさまサスケVSエーの戦闘になった。

 

その先頭の序盤でサスケエーに襲い掛かってきたが、水陣壁で盾を作り防御しさらには雷遁チャクラまで流し込むといういきなり難易度の高い合わせ術を見せた。

しかし、あいにくサスケ雷遁を扱うので何のダメージもなかったことはいうまでもない。

 

雷遁使いの天才は嵐遁まで使う

雷遁使いの天才として三代目雷影にも認められたダルイだが、もう1つの属性水遁も得意としており、その二つが合わさった血継限界である【嵐遁】を使用する。

 

血継限界は二通り存在し、血縁関係の遺伝的(写輪眼、白眼)なものと、五大性質変化二つの属性が組み合わさって出来る高等忍術がある。

嵐遁】は習得可能な忍術だが、優秀な忍しか習得するのが難しいとされていて修行をしたから必ず習得できるというわけではない。

BORUTOでは五代目雷影として

BORUTOでは五代目雷影として自里を守り、皆を指揮している。

雲隠れの里は始まって以来初代雷影から四代目雷影までずっとエーの血筋が受け継いできたがここで初めてエーの名が途絶えダルイとなる。

 

使用術

雷遁と水遁を得意とし、この二つの属性を上手く組み合わせて使用することが多く、また洞察力も長けている。

水遁

水陣壁

雷遁

・感激波(かんげきは)

・黒斑差(くろぱんさ)

・ダブル黒斑差

嵐遁

・励挫鎖苛素(レイザーサーカス)

コメント