鳳仙火の術(ほうせんかのじゅつ)

火遁

術者

うちはイタチ

うちはサスケ

・フウカ

・孟宗(モウソウ)

特徴・能力

一度に複数の小さな火の玉を放ち、さらに火の玉の中に手裏剣を忍ばせることも可能でトリック的な術である。

相手に致命傷を与えるのは難しいが、火を水遁系風遁系で消したとしても中に手裏剣を忍ばせていた場合は予想外のダメージがありそう。

 

長所

小さい火の玉だが複数個放つことができるので、様々な場面で活用することが可能。

手裏剣を忍ばせたり、火の玉の数を増やしたりと術者の使い方次第でも左右されるので使い勝手はいいのかもしれない。

 

短所

威力にかけ、相手に致命傷を与えることはほとんどない

火の玉だけとなると、水遁や風遁であっさりと消し去られるであろう。

コメント